HOME > 医院紹介

医院紹介 Information

診療理念

診療理念のイメージ
「自分がしてほしい治療」を、患者様に当院が心がけているのは、「自分がしてほしい治療」「自分の家族にしてあげたい治療」。患者様とのコミュニケーションを大切にし、症状や治療の説明は分かりやすく、丁寧に行います。

清潔で安心して治療を受けて頂けますよう、機器類の滅菌は徹底しております。
また、わかりやすい説明・最新の技術・安心のスタッフで満足して頂けるよう日々治療にあたっております。

治療の際は、拡大鏡を必ず使用し、すみずみまで口腔内のチェックをします。また、痛みはなるべく抑えることで、患者様のご負担を軽減し、仕上がりの美しさや歯の機能性にもこだわっています。歯のことでお悩みがございましたら、どんな小さなことでもお気軽にお尋ねください。

初めてご来院される方へ

初めての患者様は随時受付させていただいております。
ただし、ご予約の患者様を優先させていただいておりますので、ご予約でない場合はお待ちいただくことがございます。

初診の方と、通院の患者様は、月変わりに保険証をお持ちください。
基本的な治療の流れは、以下の通りです。

1.問診
1)問診のイメージ
2.カウンセリング
2)カウンセリングのイメージ
3.応急処置
3)応急処置のイメージ
4.診査・診断
4)診査・診断のイメージ
5.治療計画
5)治療計画のイメージ
6.治療
6)治療のイメージ
7.アフターケア(メイン
テナンス)
7)アフターケア(メインテナンス)のイメージ

医院情報

診療時間 日・祝
9:30~13:30 ×
15:00~19:30 × × ×

休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
※初診随時、保険証をお忘れの時は、後日ご持参いただければご返金させていただきます。
※会議、研修会、学会等により休診となる場合がございます。

アクセス
  • 近鉄大阪線・近鉄八尾駅より南へ500m。徒歩7分。大阪港八尾線沿い。
  • 駐車場は医院の東側にあります。
駐車場のご案内
医院情報のイメージ
駐車場は、院の東側に3台完備しております。


院内ツアー

画像をクリックすると拡大します。

受付
受付
受付後は、明るい待合室でお待ちください。
待合室
待合室
待合室の奥は、キッズスペースです。ぬいぐるみや、絵本を置いています。
カウンセリングルーム
カウンセリングルーム
カウンセリング室にて、患者様のお話をお聞きしながら、治療計画や治療方法などをご説明します。
診療室
診療室
隣の診療台との間は区切られており、カーテンを閉めると半個室のスペースとなるため、プライバシーも守られ、リラックスして治療を受けて頂けます。

設備紹介

画像をクリックすると拡大します。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)
歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)
拡大鏡より、さらに大きく見たいときに使います。より正確で精密な治療を行うことが可能です。
CT
CT
Computed Tomographyの略で、コンピュータ断層撮影装置のことです。歯や顎の骨を診断するインプラント治療には欠かせません。親知らずの抜歯や根の治療、歯周病などの診査・診断にもとても有効です。
医療用拡大鏡(ルーペ)
医療用拡大鏡(ルーペ)
歯科治療を進めるために、見えすぎて困ることは何もありません。当院では、すべての治療で拡大鏡を使用します。
ダイアグノデント
ダイアグノデント
レーザー光を使用したドイツ製のむし歯診断機です。むし歯の深さを数値で表し、治療が必要かどうかを判断します。初期のむし歯は、削らずに予防処置をするほうが、予後がよいことがあるためです。
酸素ボンベ
酸素ボンベ
緊急時に備え、万が一のときも迅速に対応できるよう酸素ボンベを常備しています。
口腔外バキューム
口腔外バキューム
歯を削った際には、歯の粉・唾液・血液など、空気中に目では見えないほどの多くの粉塵が飛び散ります。口腔内バキュームだけでは、これらの全ての細かい粉塵を取り除けません。口腔外バキュームは、クリーンな診察室をつくり、治療の安全性をアップする役目を果たします。
ペリオテスト
ペリオテスト
歯の動揺度を計測し、測定値をデジタル表示し音声で伝える機器です。客観的かつ再現性の高い測定法であるため、インプラントと骨とのくっつき具合を診断するためにも使用します。
根管長測定器
根管長測定器
根管を肉眼で測定することは困難なため、根管治療では正確な根管の長さを測定することが大切です。根管長測定器を使用し、正確な根管の長さを測定していきます。
咬合器
咬合器
模型上で顎運動やかみ合わせの様々な位置を精密に再現可能な機器です。
バイトアイ
バイトアイ
噛み合わせの接触状態をより精密に診断できる機器です。左右の噛み合わせのバランスも瞬時に測定することが可能です。

パルスオキシメーター
パルスオキシメーター
指先にセンサーを装着することにより、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を経時的に測定できます。すなわち、どの程度まで酸素を運べているのかを判定する機器です。
AED(自動体外除細動器)
AED
駅、学校、公共施設などで見かけるAEDを、当院も設置しております。AEDは、医療関係者はもちろん、一般市民の方の使用も認められています。音声ガイダンスに従って、簡単に操作をすることができます。
大型空気清浄機
大型空気清浄機
口腔外バキュームと併用することで、よりクリーンな診療室を保ちます。
スリッパ殺菌ディスペンサー
スリッパ殺菌ディスペンサー
前あきスリッパを採用し、つま先部分までしっかり紫外線殺菌を行ったうえ、順番に取り出すことのできるディスペンサーに収納しています。患者様には、常に殺菌された状態のスリッパをご利用いただけます。

口腔内カメラ

記録することで色々なことがしっかりわかります。
画素数は少なめですが、無線で画像を飛ばしているため瞬時にモニターにて確認して頂くことができます。

口腔内カメラ
口腔内カメラ
口腔内カメラの画像
口腔内カメラ画像

口腔内撮影デジタルカメラ

高画質にて、綺麗に、決まった倍率で撮影することができます。
口腔内撮影デジタルカメラ
口腔内撮影デジタルカメラ

●治療前・治療後の記録…治療した歯の確認ができます。

術前
治療前・治療後の記録 
術後
治療前・治療後の記録 
●歯の成長の記録…歯や歯並び、歯ぐきなどの変化がわかります。



●より自然な歯を作製…色見本の歯と一緒に撮影するこにより周囲と調和した歯を作製することができます。技工士はモニターに映し出された写真で確認しながら製作します。


 

滅菌・殺菌について

ピンセットやミラー、ドリルや歯を削る機器(ドリルの柄)など、加熱滅菌できるものを滅菌します。高温処理のできないプラスチックについては、3.5%グルタールアルデヒド液に30~60分浸しています。

滅菌・殺菌について
滅菌・殺菌について

 
切削器具
切削器具
切削器具(歯を削るドリル)は、治療内容ごとに色分け・分類し、金属ケースに収納し、1本でも使用すればケースごとすべて滅菌するシステムを取り入れています。
滅菌パック
滅菌パック
治療に使用する機器は、すべて個別に滅菌。歯を削る機器(ドリルの柄)も患者様ごとに個別に滅菌パックしたものを使用しています。

局所麻酔について

麻酔時の痛みには、針を刺入する瞬間の痛みと、麻酔液を注入する圧力による痛みの2種類があります。まず刺入時の痛みをやわらげるため、表面麻酔をしてから超極細注射針を使用します。
次に麻酔液の注入に関しても電動注射器でゆっくりと行うことで、圧力の負荷を軽減します。さらに、麻酔液は人肌の温度に温めておくことにより、刺激を減らすよう努めています。現状、完全無痛の歯科治療は不可能ではありますが、当医院では可能な限り痛みのない治療ができるよう努力しています。

画像をクリックすると拡大します。

局所麻酔について
局所麻酔について


  急性症状(極度の痛み、腫れ)がある場合は、何をしても痛く、麻酔時に激痛や効きが悪くなり、
  直ぐに痛みが取れないことが多いので、痛みが出る前の受診をお勧めいたします。