HOME > インプラント

インプラント implant

インプラント治療とは

インプラント治療とはのイメージ
歯が抜けた所に人工の歯根を植え、顎の骨に固定し、その上に人工の歯を装着する方法です。
天然歯のように食べ物がしっかりかめて、美しい仕上がりが実現します。
インプラントは、診断がとても重要です。
当院ではCT撮影を行い、顎の骨などの状態を確認します。
顎の骨が少ないなど、インプラントの治療ができない患者様は、入れ歯など別の方法を考えましょう。インプラントが適用される方には、CT撮影の画像をもとに、正確な治療を行ないます。なお、当院で使用するインプラントのメーカーは、「ジーシー」「ストローマン」「カルシテック」の3つです。診査・診断を行ったうえで、適切なインプラントを選択しております。

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング
1)カウンセリングのイメージ
2.診査・診断
2)診査・診断のイメージ
3.治療計画
3)治療計画のイメージ
4.一次手術
4)一次手術のイメージ
5.二次手術
5)二次手術のイメージ
6.メインテナンス
6)メインテナンスのイメージ

上記は、インプラント治療の標準的な流れですが、患者様の症状やご要望により、さまざまな治療方法を検討します。

例えば、インプラントを埋入するのに、骨の高さは充分にあるが、骨幅が不足している場合に、骨を拡げてインプラントを埋入する「スプリットクレスト・テクニック」、上顎洞底(鼻の横の空洞)までの距離が短い場合に、洞底粘膜を骨ごと押し上げてインプラントを埋入する「ソケットリフト」などを適用します。

前歯の審美インプラント

前歯の審美インプラントのイメージ

特に目立つ前歯にもインプラントは可能です。
例えば、転倒して前歯が折れ、抜歯せざるを得ない場合も、インプラントで審美的な修復が実現します。さまざまなケースに対応していますので、お気軽にご相談ください。

術前
ダミー
術後
ダミー

インプラント周囲炎について

適切なブラッシングやメインテナンスが行なわれていないと、歯肉とインプラントの境目から汚れが侵入し、通常の歯の歯周病と同じような症状が現れます。
インプラント周囲の歯肉が腫れたら、インプラント周囲炎の初期段階と考え、早めにご来院ください。放置すると、インプラントを支えている歯槽骨を吸収してしまい、ついにはインプラントを摘出せざるを得なくなります。

メインテナンス

通常の歯や入れ歯と同じで、毎日のブラッシングと、定期健診の両方を続けましょう。インプラント周囲炎を発症するリスクを低くする効果もあります。

当院のインプラントは10年保証[s2]
当院のインプラントは10年保証[s2]

インプラント体埋入手術後10年間、万が一、再治療が必要になった場合は、インプラント保証規約に基づき、責任を持って再治療いたします。
注意10年保証を受けて頂くには定期的なメインテナンスが必要となります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

保証適用例
  • 堅いものをかんだ際、上部構造(人工の歯)が破折した。
  • 所定の定期メインテナンスを受けていたが、インプラント体(人工歯根)が脱落、または破折した。

インプラント症例 Case1

術前
ダミー
術中
ダミー
術後
ダミー