HOME > 口腔外科・親知らずの抜歯・噛み合わせ・顎関節症

口腔外科・親知らずの抜歯・噛み合わせ・顎関節症 oral surgery・wisdom tooth・bite alignment・Temporomandibular joint disorder

口腔外科

白板症とは

お口の中の粘膜、舌などが白くなる症状です。悪性化(がん化)することもありますので注意が必要です。白板症の疑いがある場合には、提携病院を受診していただき、病理検査にて正確に診断をしてもらうようお勧めしています。

白板症 症例1
切削器具
 
白板症症例2
 
白板症 症例3
切削器具
 
白板症症例4
 
白板症症例5
当院から紹介する医療機関

親知らずのご相談

親知らずのご相談のイメージ

親知らずの生え方がわるく、ブラッシングがうまくできないと、親知らずのみならず、隣の歯までむし歯になってしまう可能性があります。

当院では、抜歯をする・しないの判断のためにCT撮影を行ないます。痛みや生え方に問題がある方は、ご相談ください。

噛み合わせ

噛み合わせについては、診察以外にバイトアイという機器を使用して精密に診断することができます。この機器を使用することで、どれくらいしっかり噛めているのか?左右のバランス等を診断します。

顎関節症

顎関節症

口を開けると音がする、口が開かない、顎が痛いなど、顎関節症は性別や年代に関わらず発症しています。原因はよくわかっていませんが、ストレスやかみ合わせが影響しているという説もあります。気になる場合は、診察を受けてください。投薬治療で改善しなければ、咬合器やプレートを使った治療を行ないます。