よくあるご質問 question

よくあるご質問

予約は必要ですか?

ご予約がなくても受診は大丈夫ですのでご安心ください。
ただし、ご予約の患者様を優先させていただきますので、お待ちいただく場合があります。
特に緊急の症状がない場合は、お電話にてご予約いただくことをおすすめいたします。

定期健診はどれくらいの間隔で受けたら良いでしょうか?

治療完了後、まず半年程経った時点で、一度お口の中の状態をチェックしましょう。その際の歯石付着状態や歯肉の健康状態等により、その後の健診の間隔を決めていきます。なお、お子様の場合は、健診を兼ねたフッ素塗布を3ヶ月間隔で行っていきます。

フッ素は塗った方が良いですか?

フッ素を塗ったからといって、必ずしも虫歯にならないとは言い切れませんが、フッ素塗布により次のような予防効果が期待できます。
(1)歯質を強くする。
(2)細菌の働きを弱める。
(3)初期虫歯(CO)を治すことができる。
特に生えはじめの歯はフッ素を取り込みやすい性質を持つため、子どものうちからフッ素による予防を行うことは有効であると考えます。

親知らずは抜いた方が良いですか?

正常に咬んでいる場合は、無理に抜く必要はありません。ただ、ゆがんで生えていると歯ぐきが定期的に腫れることがよくあり、歯ブラシも届きにくいために、大きなむし歯になっていることも多くみられ、隣の歯がむし歯になる可能性も高くなります。一度お口の中をみさせてもらい、ご相談ください。

前歯は保険が効きますか?

過去には保険が適用されない時代もありましたが、現在では、「硬質レジン」というプラスチックのような白い素材を金属の上に貼り付ける被せ物を、保険を適用して入れることができるようになっています。また、前から数えて4~5本目(小臼歯)の歯にも、白い素材の被せ物を適用することができます(ブリッジは不可)。これはCAD/CAM冠といい、レジンブロックを削りだして製作しますが、金属を使用したものよりも割れる可能性が高くなり、材質上、外れやすいという欠点もあります。詳細は、お問合せください。

歯を白くしたいのですが。

歯をきれいにするための歯石除去やPMTC(プロによる歯のクリーニング)は、保険診療で行うことができます。
専用のマウスピースを作製し、お薬により歯を漂白する場合(ホワイトニング)は、保険の適用外となります。
前歯等の白い被せ物や奥歯の白い詰め物については、保険適用内と適用外の治療がありますので、詳細は直接お問合せください。

歯がしみるのですが歯医者さんに行ったほうが良いでしょうか?

歯がしみる原因は診察してみないとわかりませんので、一度ご来院いただくことをおすすめいたします。
虫歯が原因でしみる場合は、もちろん治療が必要になります。知覚過敏が原因の場合は、まずは「しみ止め」を塗って経過を観察し、それでも治まらない場合は噛み合わせを調整したり、白い詰め物で患部をカバーしたりする場合もあります。
治療後もしみる場合は、それぞれの治療内容によって対応が異なりますので、その旨ご相談ください。