HOME > 歯周病

歯周病 periodontal disease

歯周病とは

歯周病とはのイメージ
「歯周病」という言葉を知っていても、歯周病の怖さを知らない方が多いようです。

歯周病を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病について知って理解して頂き、一緒に治療に取り組んでいきましょう。

歯周病の原因

口の中には300~400種類の細菌がおり、そのうちの約1割が歯周病を引き起こすといわれています。細菌が急激に増えたり、疲れなどで体の抵抗力が弱ったりすると発症します。
歯周病が発症・進行しやすい危険因子をご紹介します。心当たりのある方は、お早めにご相談ください。

歯周病を発症・進行させる口腔の危険因子
  • 歯並びがわるい
  • 口の中についての関心が低い(歯を磨くのが面倒、等)
  • 柔らかいもの・甘いものばかり食べている
  • 歯ぎしりするクセがある
  • 口呼吸するクセがある
  • 欠損した歯を放置している
  • 歯と歯の間に、食べ物が挟まる
  • 適合不良の補綴物
歯周病を発症・進行させる全身の危険因子
  • タバコを吸う
  • 糖尿病を患っている
  • 思春期・妊娠している・更年期のいずれか
  • ストレス
  • 不摂生な生活
  • 骨粗しょう症
  • 加齢
  • 薬の副作用(抗てんかん薬・高血圧の薬・自己免疫疾患の薬)

歯周病治療の流れ

検査
お口の中の状態把握。
スケーリング
スケーラーという器具を使い、プラーク(歯垢)、歯石などを取り除く。
検査
再度、お口の中の状態を確認する。
SRP
「スケーリング・ルート・プレーニング」の略。歯周ポケットの奥深くにある歯石や、感染した歯質を専用の器具を使ってきれいに取る治療。
検査
検査の結果により、良好であればメインテンスしていきますが、場合によっては歯周外科や再度SRPを行っていきます。
1.歯周外科
2.再度SRP
3.メインテナンス

歯周外科治療

エムドゲイン

ゲル状の薬「エムドゲイン(R)」を塗布し、歯周組織を再生します。

GTR

別名、「組織再生誘導法」といいます。歯周病などによって破壊された歯周組織の再生を誘導します。

歯周病と糖尿病との関わり

歯周病は糖尿病の6番目の合併症といわれています。
すなわち、歯周病と糖尿病はお互いに影響しながら悪化します。必ずというわけではありませんが、一方の病気にかかると、もう一方にもかかりやすくなると言えます。
日本糖尿病協会登録歯科医として、できる限り内科の先生と連携を取らせて頂いております。


歯周病について詳しくはこちら⇒