クリニックブログ

2015年11月24日 火曜日

第26回日本歯科審美学会学術大会

日・月の連休は東京歯科大学 水道橋校舎新館にて日本歯科審美学会に参加してきました。



今年のテーマは「アメリカの審美補綴の最前線」です。









そして、今年はスタディーグループSADAのメンバーとポスター発表(共同演者)してきました。




2011年に行われた第22回日本歯科審美学会で発表した第1報、第2報に続いての第3報。
「天然歯形態を把握する 第3報 天然歯の形態から補綴物の形態を考察する」です。








第1報、第2報は審美学会雑誌に投稿済みなのですが今回、松本歯科大学の先生方のポスター発表において第1報が参考文献に使用されていました。



我々の論文が示唆(同じ結果)された結果であり、とても嬉しく思います。










会場の近くには東京ドームがあり、食事後は綺麗なイルミネーションを楽しむことができました。



すでにクリスマスモードに入っているようですね。






来年で認定医を取得できる条件を満たすことができそうなので、審美学会の認定医を目指したいと思っています。
頑張ります!

























投稿者 院長