HOME > 審美歯科(審美修復治療)・ホワイトニング

審美歯科(審美修復治療)・ホワイトニング cosmetic dentistry・whitening

審美修復治療とは

削ったり、失ったりした部分の見た目と機能を回復させる治療です。「詰め物(インレー)」あるいは「被せ物(クラウン)」で補います。

詰め物・被せ物のメリット・デメリット

「詰め物」と「被せ物」に使う材質には、色や性質など、多岐に渡ります。近年は、自費治療で、自然の歯に近い白い材質を選ぶ方が増えています。

オールセラミック

文字通り、セラミックのみでできている。

●オールセラミックの症例

術前
ダミー
術後
ダミー

ラミネートベニアの形成量セラミックの形成量
右上の1番はラミネートベニアにて治療を行いました。比較するとこれだけ形成量が違います。
 
ジルコニアオールセラミックス
左の画像はジルコニアにて治療を行い、右の画像はオールセラミックスにて治療しております。
色の違いが分かるでしょうか?オールセラミックスの方が自然でキレイな白さですね。

 
ラミネートべニア

歯の表面を薄く削り、そこにセラミック等の白い材質を貼り付ける。

ジルコニア

外側にセラミック、内面にジルコニアを使用。

●ジルコニアの症例

術前
ダミー
術後
ダミー
メタルボンド

金属の外側にセラミックを貼り付けたもの。

●メタルボンドの症例

術前
ダミー
術後
ダミー
ハイブリッドセラミック(キャドキャム冠)

セラミックと、レジン(プラスチック)を混ぜたもの。

ゴールド

主として、金合金(18K、20Kなど)、白金加金を使用。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングのイメージ
歯が変色する原因

そもそも、歯が変色するのはなぜでしょうか。主な原因としては、次の3つがあります。

  • コーヒー、お茶、タバコなどの色素が歯の内部まで取り込まれる。
  • 加齢による変色。
  • 胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰摂取したフッ素などによる影響。
ホームホワイトニングとは

歯の内部まで変色した歯を、白く美しくよみがえらせる方法です。
当院では、自宅でホワイトニングに取り組める「ホームホワイトニング」をお勧めしています。まずは、カウンセリング後にホワイトニングシェードガイドで歯の白さ測定します。そして、患者様の歯列に合わせたマウストレーをつくります。
その後、ご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを注入し、歯に装着してホワイトニングをしてください。決められた装着期間・装着時間を守るようにしてください。

歯が白くなる仕組みとは?

ホームホワイトニングで使用するジェルに含まれている過酸化尿素には、内部の色素を細かく分解する力があります。歯を痛めることもありません。
継続的に続けることで、成分が歯のより深いところの色素まで分解します。色素が徐々に減り、透明感のある白い歯になります。

ホワイトニングについて詳細はこちら⇒

ウォーキングブリーチ

歯の神経が死んでしまったり、または歯の神経を取った場合に、後から中が黒く変色することがあります。そのような方のために、当院では、歯の内部から変色した歯を、元の色に戻すために歯を白くする「ウォーキングブリーチ」を行っております。

●ウォーキングブリーチの症例
術前
ダミー
術後
ダミー